無添加ドッグフードのススメ①一般的なドッグフード、特に安い価格で手に入るドッグフードには合成着色料、合成香料、合成保存料、酸化防止剤などの様々な合成添加物が使われています。

これらの合成添加物の中には発がん性のある物質も含まれています。ペットフードに関しては添加物だけではなく、その他の原材料についても、人間は食べられないレベルのものが使われているケースも多々あるのです。

過去にはそのようなドッグフードを食べたワンちゃんが死にいたるケースもあり、そのような最悪の事態までは行かなくても、病気を患うワンちゃんもいます。

ただ、それでもはっきりと関連性が指摘できないため、また、「取りあえず安くて食べられるものなら何でもいい」という飼い主さんの需要も実際にあるため、悪質な素材とそれをカバーするための合成添加物をたっぷり使ったドッグフードが売られているのが現状です。

無添加ドッグフードのメリット・デメリット

無添加ドッグフードのススメ②一方でこれらの合成添加物を一切使わずに、天然素材のみで作られた無添加ドッグフードもあります。単純に無添加だからいいとは言えない面はありますが、多くの場合、素材にこだわって作られた商品が多いですね。

良い素材を使っているからこそ素材本来の美味しさで食いつきが良くなり、合成香料などによって必要以上に食欲をかき立てる必要もないわけです。

ただ、難点はどうしても価格が高くなってしまうこと。無添加ドッグフードの多くは1kg当たり1000円以上する、いわゆるプレミアムドッグフードです。

素材にかかるコストもそうですが、天然の添加物の場合、酸化防止の力が弱いため、どうしても賞味期限が短くなります。ある程度の少量生産を余儀なくされるため、そんな点からもコストがかかるわけですね。

あとは安かろう悪かろうと言われるドッグフードを選ぶか、少々高くてもワンちゃんの健康を考えたドッグフードを選ぶかは、私達飼い主の事情次第です。ワンちゃんは飼い主を選ぶことはできませんからね。

参考サイト:おすすめの無添加ドッグフード